苦笑系コントユニット

CHARACTER

佐藤真弓

メアリーMary(佐藤真弓) 祖父がついた嘘を真実にさせてしまう、空気読 めない少女。 少女だから読めなくてOK。
両親を失った事実を隠すために、メアリーの祖父は嘘をつき続ける。
嘘を真実にするために、祖父は再び嘘をつく。
知ってか知らずかメアリーはその嘘を気に入って、「もっともっと」と悪のり。 その結果、メアリーの周りは奇想天外な連中ばかりに。とにもかくにもアホが大好きなアホな女の子。

初登場公演:第10回公演『ストレンジ ストーリーズ』

いけだしん

長井 大Long Big(いけだしん) うっす! ドン! こっちが! ガラガラ! 肘、肘の力で、こっち側の壁が!
アクションスター。スティーヴン・スピルバーグとジョージ・ルーカスに見出されるも、ホットドッグにケチャップをつけるシーンのことばかりが気になって、結局降板させられる。
しかしその後、子ども番組に出演し、『大ちゃんマーガリン』が発売されるまでの人気者に。
女子から不人気のボケたがり。

初登場公演:旗揚げ公演『熱海→ ラスベガス』

村上航

モンドさんSir Monde(村上航) 世界中のおいしいものは彼の元に集まる。グルメな貴族モンド伯爵。
鍛えられた味蕾で世界中の美味を味わう、グルメな貴族。
おいしいものに出会うと、金と銀と銅の箱に入れるくせがある。
まずいものは地下にある、“ まずいもの入れ” に入れる。
年齢不詳。ナチスに差し出された菓子を拒否したことがある。ノームが手下。

初登場公演:第5 回公演『美少年オンザラン』

伊藤明賢

富士スカウトMt. Fuji Scout(伊藤明賢) うん、いい、やだ!
全ボーイスカウトの憧れの的。1 年に数人しか選ばれないエリートスカウトであるが、
ボーイスカウト活動をする時点ですでに変わっているので、
つまりは富士スカウトはかなり変わっている人ということになる。
この富士スカウトは手旗でセクシーワードを送信したり、ノってくると踊ってしまったりする。
急に怒るし、意味なく否定する。とてもやっかいな人。

初登場公演:第3 回公演『そこそこ黒の男』

池田鉄洋

坂本先輩Super Yankee Sakamoto(池田鉄洋) 宮城・くりこま高原を仕切っていたスーパーヤンキー。
田舎のヤンキー。すでにいい大人だが、未だに怖い。
実家のパン屋を継いだものの、彼女との痴話ゲンカでいつも店はぐっちゃぐちゃ。 キャンペーンで配るはずの白い皿も割りまくってしまい、仕方なくオリジナリティあふれるパンの祭りを考案する。
U S J を勝手に宮城に作ったことも。

初登場公演:第2 回公演『おんなのこのキモチ』

岩本靖輝

のもやんNomoyan(岩本靖輝) 僕の名前は野茂茂(のもも)と書いて、野茂茂(のもしげる)。
三国志研究部に所属する、ごく普通の学生。
好きな武将は関羽。好きな馬は的盧。
とにかくいろんな事件に巻き込まれる不運な男。
だが、持ち前の脳天気な顔と性格でかろうじて乗り切る。

初登場公演:旗揚げ公演『熱海→ ラスベガス』

池田鉄洋

越前 桜Sakura Echizen(池田鉄洋) きゅうううううん!
ごく普通の女子高生。恋とスイーツに夢中な1 5 歳。
恋をすると胸が「きゅううん」とするお年頃。
好きな人に「振り返って」と念ずる気持ちが強すぎて、超能力を身につけてしまう。

初登場公演:第8 回公演『1 5 ♥ 0〜フィフティーン・ラブ〜』

佐藤真弓

靴磨きの少年Shoe Shine Boy(佐藤真弓) ♪キュッキュキューキュッキュキューキュキュキュキュッキュキュッ!
イノセントワールドからやってきた不思議な少年。
くるくるキャンディーが大好き。トランペットを欲しがって、エアートランペットで我慢する。
漫才師だったり、蝉の化身だったりもする。
漫才のネタは実は彼が考えている。

初登場公演:第3 回公演『そこそこ黒の男』

村上航

シャネルさんMademoiselle Chanel(村上航) モードで世界を征服してやる!
モードの女王。ファッションとパフュームで世界を征服しようとする。
とくにパフュームに関しては、人の体液からフェロモンを抽出して精製しており、
その豊かな芳香は人を狂わすほど。ファッションバカ。部下もバカ。

初登場公演:第7 回公演『アラン!ドロン!』

伊藤明賢

ゾンビ吉○家Zombie Yo○○○○○-ya(伊藤明賢) 死んでるヤツらが、
死んでる牛の肉を丼に乗せて差し出す恐怖!
店員が全員ゾンビだから、みんな仲間。喧嘩もない。
噛み合っちゃうのはじゃれてるだけ。
なんでか身体を押されると怖いB G M を歌ってしまう。
池田鉄洋が、コンテンポラリーダンスの公演を見ていて「ゾンビみてえだな」と思ったのがアイデアの源泉。

初登場公演:第3 回公演『そこそこ黒の男』