倦怠期の乗り越え方

倦怠期を乗り越えるための5つの方法!カップルと夫婦で違う?

  • 2020年1月17日
  • 2020年1月25日
  • コラム

倦怠期の乗り越え方

 

お付き合いをしていれば、必ずといっていいほど訪れる

倦怠期

あなたもきっと経験があるのではないでしょうか?

 

この倦怠期に陥ってしまうと、相手に対してつい冷たく接してしまったり、ちょっとした言葉でイラっときてしまいますよね。

正直そんなことはしたくはないけれどしてしまう…それが、倦怠期。

 

この記事では、そんな倦怠期を乗り越える5つの方法をご紹介します。

ただ実は、結婚前のカップルと夫婦では乗り越え方が少し違うので、その辺りも見ていきましょう。

 

 

倦怠期を乗り越えるための5つの方法

倦怠期を乗り越える方法

 

きっとこの記事に辿り着いて読んでいるあなたは、倦怠期に入ってしまったか、入りかけているのでしょう。

でも、倦怠期をネガティブに捉え過ぎないでください。

必ずしも悪いことではありません。

むしろ、この倦怠期を乗り越えることにより、お互いの絆はより深いものへと変わります。

そう…前向きに行こうではありませんか。

 

ではその倦怠期を乗り越えるための5つの方法をご紹介します。

①相手の良いところを口に出して褒める

簡単そうに見えて、これが結構難しいようです。

特に男性にとっては…

 

倦怠期で相手に対してもやもやした感情がある時期に、相手を褒めるというのは

かなり難易度高め

です。

 

しかも、褒めたからといって相手から良い返事がくるとは限りません。

来なかった時には、ものすごくイラっとしてしまうことでしょう。

それでも、これはやった方がいいです。

 

今は倦怠期でも、嫌いになったわけではありませんよね?

 

自分のためにではなく、大切な相手のために、いらないプライドは隅に置きましょう。

 

②感謝の言葉をきちんと言う

これも1番目と同じような言葉を伝える類の解決法。

口で伝えるのってやっぱり難しい

ですよね。

近い相手だから余計に、

「感謝してるのは態度でわかるでしょ」

というように思ってしまいますが、やはり、言葉に出すのと出さないのとでは大きく違います。

 

なので、ちょっとしたことに

ありがとう

と口に出してみてください。

 

どんなにケンカしてようが、これを言われて嬉しくない人はほぼ居ません。

最初は恥ずかしいと思いますが、続ければ絶対に伝わります。

 

それが、倦怠期脱出の糸口になりますよ。

倦怠期脱出

 

③じっくり話し合う

すれ違いから起きている倦怠期なら、

お互いの意思をしっかり確認しあえれば解決する

ことができます。

なので、まずはお互い時間を作って、静かなところで腹を割って話し合いましょう。

 

このとき、自分の主張だけをするのではなく、相手の主張に歩み寄るようにすれば倦怠期も解決し、さらに深い絆で結ばれるでしょう。

 

「きっと、こんな風に思ってるんだろうな…」

 

とちょっとした勘違い、思い込みもよくあります。

 

それをぶつけ合うのではなく、まずは相手の主張を聞いてみることです。

 

④2人で一緒に新しいことを始める

最近、新鮮さを感じなくなってしまったカップル向きです。

これができるようであれば、あまり深刻な倦怠期ではないでしょう。

 

2人で何か新しいことを始め、新鮮な気持ちを取り戻してはどうでしょうか。

 

個人的には一緒にイベントなどに参加してみるのがオススメです。

カップルで参加し、色々な人と出会うことによって、新鮮な気持ちになれるのと、相方の有り難さを再実感しますよ。

倦怠期の乗り越え方2

 

⑤環境を変える

一度リフレッシュという意味を込めて、環境を変えてみましょう。

具体的にいうと、同棲しているのであれば、

「模様替えをしてみる」

です。

生活環境が変われば気持ちも変わります。

 

また、あまりオススメしませんが、一度距離を置いてみるのも効果がある場合があります。

お互い近すぎて、お互いの大切さがわからなくなっている時に有効なものの、その置いた距離が戻ってこないこともあるので注意が必要。

 

 

倦怠期を乗り越えるには、少し時間がかかりますが、その期間も含めてカップルにとっては大切な期間です。

倦怠期があるからこそ、次のステップに移ることができます。

どちらか一方ではなく、お互いが努力して乗り越えていきましょう。

 

 

倦怠期の乗り越え方はカップルと夫婦で違う?

倦怠期の乗り越え方は夫婦とカップルで違う?

 

倦怠期は、何も恋人時代のカップルだけで起こるものではありません。

夫婦になってからも起こります。

 

しかも、夫婦とカップルではお互いの関係性や周囲との関係性が違うので、倦怠期の乗り越え方も多少異なってきます。

ここからは、毎日が新鮮だった新婚生活が日常に変わったときに起こる、夫婦の倦怠期の乗り越え方をご紹介します。

一人の時間を作る

なんでも一緒にやることがいいわけではありません。

お互いの人生が充実していれば、自然に倦怠期も通り過ぎていくでしょう。

 

一人の時間を作り、趣味や友人と充実した時間を過ごすことにより心に余裕が生まれ、パートナーである妻や夫へに対し、

自然と大切にしようという気持ちが生まれる

というケースは多いです。

 

一緒に目標を作る

お互いが違う目標を目指していたのでは、ぶつかりあってしまうのは必然。

ここは一旦話し合い、

一緒に目標を作り、一緒に努力して目標達成を目指しましょう。

 

例えばこんな目標が良いのではないでしょうか。

  • 海外旅行にいく
  • 家を買う
  • マラソン大会にでる

 

このような目標があると、計画の話をしたり、お金の話をしたり、とにかく会話が増えます。

これにより、倦怠期の解決の突破口が開けるでしょう。

 

カップルの倦怠期

 

おしゃれをして出かける

長く一緒にいると、相手のためにおしゃれをすることを、どうしても忘れてしまいます。

恋人同士の時は、デートの時に何を着ていこう?とか、メイクをどうしよう?とか考えていたのが、結婚をするとあまり考えなくなってしまいます。

それが、倦怠期の1つの原因です。

 

だからこそ、

おしゃれをしましょう!

 

ちょっとランクの高いレストランを予約し、男性ならパリッとしたスーツを着て、女性ならしっかりメイクしドレスアップ。

これで、お互いの魅力を再認識できるでしょう。

 

余談ですが、うちもこれが足りなかったんですよね…

個人的に反省しています^^;

 

時間がすぎるのを待つ

倦怠期の原因は、マンネリ化だけではありません。

仕事や家族の問題でストレスを抱え、それが、倦怠期の引き金になっている場合

もあります。

 

そんな時は、時間がすぎるのを待ちましょう。

時間が解決してくれる問題もあります。

 

 

夫婦の場合は、恋人の場合と違い、長く一緒にいるだけあって、倦怠期の原因が違うことが多いです。

原因が違えば、解決方法も変わってくるのは当然ですね。

 

「倦怠期の乗り越え方」まとめ

倦怠期の乗り越え方

 

ここまで、たくさんの「倦怠期の乗り越え方」を紹介しましが、どれか一つで解決することは稀です。

だからといって、あきらめないでください。

大切なのは、お互いが努力をすること。

 

大変な思いもしますが、それを乗り越えた時の相手への信頼感は何ものにも代えがたいものになりますよ。

 

あまり考え過ぎず思い込み過ぎず、頑張って乗り越えましょう。